bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

零下20度の北海道で検証、真冬の災害、避難所運営は?マニュアルは?

ニュース

零下20度の北海道で検証、真冬の災害、避難所運営は?マニュアルは?

真冬の災害、避難所運営は? 零下20度の北海道で検証

厳冬期に災害に見舞われ、避難所は停電や断水が続く――。こんな想定の災害演習が14、15の両日、北海道北見市の日本赤十字北海道看護大学であった。凍ったおにぎりを薪(まき)ストーブで温めて食べ、零下20度の夜を体育館で過ごし、冬の避難所をどう運営していくかを探った。

 同大が主催し、今回が7回目。昨夏に台風被害に遭った道内の市町を中心に、南海トラフ地震が想定される徳島県の職員や、首都直下地震が懸念される埼玉県の赤十字支部の職員ら計約130人が参加した。

 この冬一番の寒波に襲われ、体育館内の夜間の温度は1~4度。明かりは車のバッテリーを使ったLED照明だけだ。参加者らは段ボールのベッドを組み立て、その上で寝袋にくるまって一晩を過ごした。

 食事は、災害時の炊き出し用の袋と灯油コンロを使ってコメを炊いたり、スープを作ったりした。また、炊き出しのおにぎりが凍ったと想定し、実際に自然冷凍させた300個を薪ストーブとせいろで温めて食べた。

 男性用トイレは屋外に設置し、参加者らは夜間、頭に装着したヘッドライトを頼りに向かった。「寒くて暗く、地面も凍っていて、子どもや高齢者には無理」との声が相次いだ。

 同大災害対策教育センターの根本昌宏教授は「避難所マニュアルは基本的に本州の夏を想定している。冬でも対応できるものを広めたい」と話した。

出典 http://www.asahi.com

【地震】岩山の手作り避難所が住民70人を救う

どうする?!避難所の開設・運営|葛飾区防災広報番組

被災ペットと飼い主 避難所生活の現実

まとめ

今回、北海道で、零下20度という中での災害に見舞われ、避難所は停電や断水が続く――。こんな想定の災害演習が14、15の両日、北海道北見市の日本赤十字北海道看護大学であった。ということで、避難場所、運営について記事を書いてまとめてみました。夏の避難より冬の方がトイレなどを屋外などに設置した場合、寒くて地面も凍っておりしかも暗かったりして高齢者や子供には無理なことが分かったりしました。
youtubeの動画では、おじさん一人が、自分の山に避難場所を作っては、いたものの周りの人の反応は、ここまで来ないだろうと冷ややかでいまひとつだったのが、3.11の地震で、実際は、水面が避難場所の近くまで来て住人70人を救い出すことに成功した。たらればという言葉がありますが、良い方になってよかったですね
後、避難所開設の流れを追った動画もありましたが、ここまで出来ている自治体はどれ程あるのだろうか?と思いました。
そして、被災者は人間だけではありません。ペットだって、家族の一員なんです。この動画では、避難所で、みんなで生活するにもやはり、ペット嫌いな方もいるし衛生面でどうしても一緒に生活出来なくて、ボランティアで一時預かりしてくれる方がいました。そういった方々がいるのって、素晴らしいですね
日本もこれから、いつまた、どこで災害が発生するか分かりません。
この機会に自分がどこに避難して災害にむけて何を準備しなくてはいけないか?
考えるいい時期なのかもしれません。

あなたもチャレンジしませんか?

あなたも、キュレーションサイトで記事を書いて、5000人からなる仲間と一緒に

キュレーションバブルを起こしませんか?

過去には、何億もの値段で買収を持ち掛けられた凄いシステムです。(o^―^o)ニコ

全ての記事をまとめなくても、このシステムを使えば、あっという間にある程度の形

まで作成してくれます。是非、私たちDREMERSと大きな夢をかなえましょう。!!

詳しくは、下記、申し込みの方から宜しくお願い致します。


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カテゴリー

月別アーカイブ